読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Logreamo

お先真っ暗なフリーターの雑記ブログ

『ブログに書くことがない!と思った時に読む本』読んだらブログネタに困らないかも?

f:id:chika_0831:20170205162631j:plain

どうも、ブログを始めてはや一ヶ月が経ち、たった3記事でネタに行き詰まり挫折寸前なchikaです。

とにかくですね、、、、、、、、、、、、

 

 

ネタがないんですよ!

 

 

 

いや、正確に言えばネタが思いつかないのか。 

 

 ネタがないないとあーだこーだ考えてるうちにやる気も徐々になくなっていた矢先。

 

 

最近買ったFire HD 8でkindle unlimitedで無料で読める本を漁ってた時に偶然見つけたこの本! 

ブログに書くことがない!と思った時に読む本

ブログに書くことがない!と思った時に読む本

  • 作者: 鈴木太樹
  • 発売日: 2015/07/02
  • メディア: Kindle
 

 

 

 

ブログを始めてもネタに困り、半年もしないうちに更新しなくなる人が多いらしいですが、 この本はそんな「ブログに書くことがない!」と行き詰まった僕のような初心者ブロガーにめちゃオススメです。

 

 

 ブログのネタに対する考え方や探し方がわかりやすく書かれていて、ページ数も多くないのでサクッと読めちゃいます。

 

その中で参考になった部分をピックアップして紹介します!

ブログのネタは「仕入れる」という意識を持つこと

ブログの記事一つ一つがお店の商品であり、その商品を販売するためにはまずは「仕入れ」をしなければいけないのです。~ ブログに書くことがない!と思った時に読む本 より~

 

「ブログで書くネタがない! 」とただただ1日考えているだけで何もせずにいるだけでは仕入れられませんね。(今までの僕のことです。)

ブログネタを仕入れるには何かしら行動を起こしたり、情報をインプットしなければなりません。

 

鈴木さんは常にブログネタを仕入れようとアンテナを張って過ごすことによって、毎日5記事分くらいは仕入れることができると言っています。

 

 ブログネタの仕入れ方 

 本や雑誌からネタを仕入れ

これはブロガーの皆さんネタとしてよく記事にしていると思います。

 

鈴木さんは学んだことをブログにアウトプットすることで、理解が深まり知識という財産にもなりますし、ブログネタとしても価値のある記事になると言っています。

 

 

読むのに時間がかかるかもしれませんが、これならとりあえずはネタには困らなさそうですね。

 

体験からネタを仕入れ

「体験」というのは誰もが簡単にできるものではなく非常に価値のあるコンテンツになるので、何かを体験した際には常にブログネタにしていく意識を持つことがオススメです。

ブログのタイトルでよく見る「〜〜やってみた!」とか「〜〜行ってみた!」みたいな感じの記事ですね。

 

 

何かを買ったりとかどこかへ行ったりとか、何か面白いことをした際に記事にできそうです。

さらにその中で他の人が体験したことないような体験を記事にすれば、オリジナリティも出て鈴木さんの言う価値のあるコンテンツになりそう。

会話の中からネタを仕入れ

最近話題のことや、面白かった話題など、会話の中からキーワードをピックアップし、それを自分なりの視点で広げることでブログネタができます。

 

日々過ごしていれば誰かと会話することはあると思います。その会話の中で「ネタを仕入れる」ことを意識すれば、何かしらのネタは見つかるはずです。

 

まぁ今時なら誰とも会話しなくてもTwitterとかFacebookで他人のやりとりを見れば、ネタが見つかるかもしれませんね。

 

「書いている人が主体」となるような記事にしていく

個人ブログの運営目的は人それぞれ違うので明確な「正解」というものはなく、それぞれが自由に使うべきなのですが、個人ブログの場合は「あなた自身の」影響力を高めるような記事を書くのがお勧めです。

 

ただ役に立つ情報のみを載せた記事や自分の趣味に関する記事でも、書き手自身のことや書き手の視点での意見や考え方を加えなければ読み手に認知してもらうことは難しいでしょう。

 

鈴木さんが言うには、影響力を高めることができれば何をしようがそれなりにメディアを成功させることができ、それがそのまま資産価値になるそうです。

 

僕もブログで自分の資産価値を高められるよう続けていきます!

 

「自分がまだ知らないこと」を書くようにしてみよう

初心者が思考錯誤している様子も十分価値のあるコンテンツであり、初心者だからこそ、つまずきやすいポイントが分かったり、失敗体験をシェアできたり、初心者が知りたいことが共感できるのです。

 

これ結構驚きました。

知らないのに記事にしちゃっていいの!?って思いましたが、新しく知りたいことを記事にする場合には自分と同じ初心者向けに書けば十分価値がある記事になりそうですね。

 

鈴木さん曰く、単純に自分が知りたい、興味がある、面白そうとだけ感じてるならそれを調べながらオリジナルの記事にすれば良いそうです。

 

これならネタにも困ることはなさそうですね

 

 

この本読んで思ったのは案外ネタって慣れればいくらでも思いつくんじゃないでしょうか。

ネタが思いつかなくても諦めずに、期間を空けても更新するようにしましょう!


以上chikaでした!