読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Logreamo

お先真っ暗なフリーターの雑記ブログ

これまでにバイトで出会った強烈な客の話

どうも、chikaです。

 

接客業やったことある方はわかると思いますが、1人くらいは変なお客さんいません?

 

僕は今までいろんなとこでバイトしたことがあるんですが、確実に変な人いました。

 

 

 

今日はそんな今までのバイト先で出会った中でも、特にインパクトが強かったお客さんの紹介をします。

 

ヒステリックさん

f:id:chika_0831:20170210015048p:plain

 

※感情むき出しでキーキー怒るのであだ名はヒステリックさん

 

 

薬局でバイトしてた頃の話。

 

 

平日の夜、その人は出現した。

 

店に入ってパパッと買うものをカゴに入れてレジへ。

 

僕が商品を袋に入れ、会計が終わりお釣りを渡そうとする。

 

 

 

 

僕「◯◯円のお返しです。

 

 

お釣りを渡す際に手渡ししたわけです。

 

すると、、、

 

 

 ヒステリックさん

ち が う で しょ !!!

 

 ここに置いてよ!!!(バシバシとレジの台を叩き出す)

 わかんないでしょ!!!

 これじゃ一方通行だよ!!!(?????????)」

 

 

 

僕「!!!!!(唖然)」

 

 

 

ヒステリックさん

「まったく!!!店も#!P#!=frhーあfsー^(’*;じゃないか!!! 

 レシートもお釣りより先に渡すのが常識だろ!!!

 

これだから最近の若いのは!!!

 

 

と怒り狂い始め、その後も店のことに何でもかんでも文句つけて店から出ていきました。

  

他の従業員も「別にそんな怒らなくても、、、」って感じの顔で呆れてました。 

むしゃくしゃすることでもあったんでしょうか。

 

 

自称伝説の男

f:id:chika_0831:20170210015111p:plain

※自分を伝説の男と言うので、あだ名は自称伝説の男

この時は店が暇すぎて盗み聞きしてたのですが、半分はその時にいたバイトの先輩lさんから聞いた話です。笑

 

 

あるレストランの厨房でバイトしていた頃のことです。

 

その日は平日で、いつもよりお客さんが全然いなくて店はガラガラでした。

 

 

 

厨房にはバイトの僕と友人の二人。

 

ホールには店長とバイトの先輩Iさんの二人がいたのですが、店長は他の業務かなんかで裏の部屋へ行っている時でした。

 

 

 

フラッと1人のお客さん(自称伝説の男)が入店してきます。

 

 

 

 自称伝説の男

「ここってピザ持ち帰りできる?」

 

Iさん

「申し訳ありません、うちではピザのお持ち帰りはできません。」

 

から始まり、なぜかその自称伝説の男は嘘くさい自慢話を始めたそうです。

 

 

自称伝説の男

「俺はヤクザと繋がってるんだ。」とか

「実は今警察の追われている。」とか、終いには

「俺は伝説の男だ」と言い始める。

 

 

 

その後も延々と嘘くさい話を聞かされてIさんはただただ相槌を打ってました。笑

 

やばそうな感じだと察した友人が店長を呼びに行って、店長の上手い対応で自称伝説の男は退店しました。

 

 

冷静に考えてわざわざ店でそんなこと話す意味がわかりませんし、警察に追われてるのに呑気に飲食店に来て世間話する余裕あるんでしょうか?笑

 

ツッコミどころ満載すぎ!笑

 

 

 

 

接客やってみるとある意味世界が広がる

接客業やってみるとわかりますが、理不尽な人とか変な人とか普通とは違う様々な人と関わる機会があります。(多分)

 

 

理不尽な人によりメンタルえぐられることもあれば、変な人により「世の中にはいろんな人がいるんだなぁ」と参考になったりします。笑

 

 

ある意味ほんのちょっと世界が広がりますし、普通にメンタル鍛えられます

 

メンタル鍛えたいなら接客やってみるといいんじゃないんでしょうか。

 

 

 

以上chikaでした。