読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Logreamo

お先真っ暗なフリーターの雑記ブログ

絵が上手くなりたい人必見!『絵はすぐに上手くならない』

f:id:chika_0831:20170225015450p:plain

どうも、最近ふと中学生の時に漫画家になりたかったことを思い出して、「絵やっぱ上手くなりたいなぁ」ってなったchika(@chika0831)です!

 

 

ですが、中学の時は好きな漫画の模写ばかりしていてすぐには上手くならず、飽き性な僕はあっさり2~3ヶ月で諦めてしまいました。笑

 

 

「んー絵上手くなりたいけど中学の時みたいに模写ばっかしててもなぁ。」

 

 

 

 

そう思い、amazonでなんとなく絵の描き方的な本を探していた時に見つけたこの本を紹介したいと思います。

 

 

絵はすぐに上手くならない

絵はすぐに上手くならない

 

 

諦めグセのある僕にとっては読む前に諦めてしまうタイトルですね。 笑

 

 

 

アマゾンのレビューでなかなか評価が良かったので買ってみたのですが、

これがめっちゃ良書で良い本と出会えたと思いました。

 

 

 

絵はどうやったら上手くなるか、どんな練習をすれば良いかを具体的に書いています。

 

 

 

あなたはなぜ絵が上手くなりたいのか

この本ではまず最初に、あなたにとって絵は目的手段かを問いかけています。

 

 

漫画を描きたいだとかイラストを描きたいなど、絵を用いて何かをしたい場合は絵は手段です。

 

 

一方、子供の頃は大概みんな絵を描くことが好きで、楽しくて一生懸命描いてた経験がきっとあると思います。この場合は絵を描くことが目的です。

 

 

  

手段の場合は絵を用いて何かをしたいという目標が明確なため、モチベーションの維持は簡単ですが、目的の場合には絵を書き終えてしまったらそれで終わりになるためモチベーションの維持が難しくなります。

 

 

 そのため、絵を描くことが目的である場合には目標や今後の展開を考える必要があるため、「人に見せられるようになりたい!」だとかどんな仕事があるのか調べて「こうなりたい!」というように明確な目標を決めましょう!

 

 

 

絵を描く際に必要な8つの能力

意外に多いですが、この本では絵を描く際に必要な能力を8つに分類しています。

 

 

・アイディア

 ー 思いつきの質と量。

・オリジナリティ

 ー その人個人の独自性。

・形状ストック

 ー 物の形を覚えている。

・構図構成力

 ー 視野が広い、全体を把握できる。

・形を取る力

 ー 形を素早く、正しく描ける。

・立体を把握する力

 ー 立体感、光と陰影を理解している。

・テクニック

  ー 線が安定している。

・完成させる力

 ー 集中して仕上げられる、自己管理できる。

 

 

これらの能力でも、目標としている仕事やなりたい姿によって必要な物は異なります。

映像・写真系であればアイディア、構図構成力、立体を把握する力。

 

デザイン系であればアイディア、形状ストック、構図構成力、完成させる力というように、目標によって必要な能力が違いますので自分にはどの能力が必要かよく確認をしましょう!

 

 

 

自分の絵の長所と短所を理解する

自分の絵の長所と短所を理解するため、簡単なクロッキーと質問の2つの自己判断テストで現在の自分の絵がどれくらいのレベルか把握します。

 

ちなみに僕はこんな感じでした。笑

f:id:chika_0831:20170227205307p:plain

 

 

f:id:chika_0831:20170227194606j:plain

 

絵を上手くなるまでの道のりは険しそうです、、、笑

 

 

練習方法を選ぶ

自分の現状を参考に、練習方法を決めます。

 

 

僕の場合は、構図構成力、テクニック、完成させる力が最も不足しているため、

 

構図構成力  → デッサン、模写 

テクニック  → デッサン、模写

完成させる力 → デッサン、クロッキー

 

という感じになります。 

 

 

意外とやることが多くて発狂しそうですが、地道に1つずつ練習していくことで上手くなっていくと思います。

 

具体的な練習方法も書かれているので、参考にすると良いでしょう!

 

 

 

 

以上chikaでした!