Logreamo

脱力系フリーターの雑記ブログ

年金払えって通知きたから無知なフリーターが年金についてざっくり調べてみた

f:id:chika_0831:20170406212459j:plain

どうも、chika(@chika0831)です!

 

ついに僕の元にも来ました。

 

 

f:id:chika_0831:20170403153123j:plain

 

「年金払えやぁぁぁあああ!!」

 

って年金機構からお達しが。

はっきり言って微塵も払いたくないです。 だって僕らの世代が年金貰う時期には大して貰えないでしょ!?

って思ったのですが、調べもせずあーだこーだ言っても仕方ないので調べることにしました。

 

目次

 

そもそも年金とは

保険の一種で年金保険とも言うらしい。(知らんかった)

年金には国が行う『公的年金と国以外の組織が運営する『私的年金の2種類があります。

(この記事では公的年金について書いていくので、私的年金に関しては割愛します。)

 

一般的なのは公的年金 

公的年金は20歳以上の国民すべてが加入を義務づけられてて、

 

学生やフリーター、経営者などが加入する国民年金

サラリーマンが加入する『厚生年金』

公務員が加入する共済年金

 

の3つがあります。(他にも色々あるらしい)

  

年金の仕組み

基本的に年金は支払ったお金が国が預かって運用し、最終的には老後に支払った分+運用益を年金として受け取れるみたいです。

 

公的年金では、支払った年金保険料は誰かの年金に充てられる『賦課方式』という方式が取られています。

 

この方式は社会保障としては役立ってるみたいですが、少子高齢化の現代では崩壊しかかっているのはあまり賢くない僕でもわかります。笑

 

僕らが年金をもらう時期には完全に崩壊してるんだろうなーとか薄々感じます。

 

年金を支払わないとどうなるのか

国民年金を払うのは義務だ!」なーんて言われていますが、

実際に支払わなかった場合にはどうなるんでしょう。

 

流れとしては

1.委託された民間業者からの電話やと戸別訪問

2.日本年金機構から催告状やら督促状が来る

3.日本年金機構が直接強制徴収、財産差し押さえに来る

 

こんな感じ。

 

年金って支払わないとダメなんすね笑

僕は会社員でなければ支払いは任意だと思ってましたw

 

所得が少ない場合は年金が免除される

年金は月¥15000くらい支払わないといけないのですが、

契約社員やパート、フリーターが月に¥15000も払うのは結構厳しい。 

 

そんな人たち向けに国民年金猶予・免除制度というのがあるそうで。

 

国民年金の猶予は

前年度の所得が(扶養親族等+1)×35万+22万以下の場合には対象となり支払いが先延ばしにできます。

 

国民年金の免除は

・全額免除:『(扶養親族等+1)×35万+22万以下』

・半額免除:『118万+扶養親族等控除額+社会保険料控除額など』

・3/4免除 :『78万+扶養親族等控除額+社会保険料控除額など』

・1/4免除 :『158万+扶養親族等控除額+社会保険料控除額など』

 

 (※扶養親族等は養う人がいるかどうか、社会保険は会社員が加入する保険制度)

 

という審査がありこれが通れば猶予・免除が適用されます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

内容がいかんせん堅いので、大学のレポート書いてるような感覚になりました笑

 

上手くまとまってませんが参考になれば幸いです。

 

 

以上chikaでした!