Logreamo

脱力系フリーターの雑記ブログ

【書評】夢をかなえるゾウ3ブラックガネーシャの教え

どうも、chika(@chika0831)です!

 

結構『夢をかなえるゾウ3ブラックガネーシャの教え』を購入したのですが、そのまま放置してたんで今更ながら読みました。

 

 

内容はストーリー仕立ての自己啓発本て感じの書籍。

 

というわけで今回は『夢をかなえるゾウ3ブラックガネーシャの教え』の参考になった部分をピックアップして書いていこうと思います!

 

目次

 

『夢を叶えるゾウ3ブラックガネーシャの教え』って?

水野敬也著作のベストセラーにもなった『夢を叶えるゾウ』シリーズの3作目。

 

ドラマやアニメにもなりました。僕は全く知らなかった笑

 

本の内容は、

人生くだりのエスカレーターに乗りかかった、夢をあきらめきれないOLのもとに、
自称成功請負人のヘンな神様・ガネーシャが現れた!
しかも今回は「ブラック」仕様。カーネルサンダースくんを白髪にし、ムンクくんを
叫ばすほどにスパイシーな、ブラックガネーシャ流成功法とは?

引用元:夢をかなえるゾウ3-ブラックガネーシャの教え

 

夢はあっても努力できないOLがガネーシャが与えるスパルタな教えの課題をクリアし、人生を変えていくという話。

 

ちなみに「ガネーシャ」は体は人間で顔は象、腕が4本っていう奇妙な見た目のインドの神様。財産や学問の神様としてインドでは人気らしい。

こんな感じ▽

f:id:chika_0831:20170623062033p:plain

 

 

人間は2つの人生を持っている

ガネーシャは、人間は誰しもすぐに辞めてしまう人生と継続することにより成長する人生の『二つの人生』を持っているという。

 

人間は一度でも自分の限界を超えることができれば、成長する

成長すれば頑張ることが楽しくなり、ますます成長する

 

けど、ほとんどの人間は頑張った経験がないために、自分の中に眠っているもう一つの人生を知らないまま一生を終えている

 

口ばっかりで結局やらない人多いですよね。僕もその一人。笑

 

そういう人ってやる前から決めつけすぎだったり、やってみてもすぐに結果出ないからって諦めてると思うんですよ。まぁ結果は大事ですけど。

先のことなんて誰もわかんないから、決めつけてやらないのは勿体無いし、すぐ結果がでないからって諦めるのも勿体無い。

 

やらずに終わる人生を選ぶか、やり続けることで人生を変えるか。

 

ガネーシャの教え

必要なものだけ残し、あとは捨てる

自分がなんとなく見てるテレビ番組、なんとなくやってるゲーム、ほんまに欲しいもんなんか?自分の収納やパソコンの中には、ほんまに欲しいもんだけが入ってんのか?そうやないんやとしたら、自分が本当に欲しいとおもてるもんは一生手に入られへんで。 

自分が持てるもんも、生きてる時間も、全部限られてるんやからな。

 

現代の日本は消費社会。ネットを見ても外へ出ても、誘惑であふれてる。

 

なんとなく日々を過ごしていると、そんなに欲しくない物にお金や時間を使いかねない。

「自分は何がしたいのか」「自分の人生で何が大切なのか」っていう自分の価値観軸をしっかり持っておくことが重要。

 

やりたいことリストを作ってみるとヒントになるかも▽ 

www.logreamo.com

 

 

 空いた時間を全て使う

自分ら見てると、何を始めるにしてもやり方が『中途半端』やねんな。せやからマスターできへんねん。

何かをマスターしたいと思たらな、空いた時間は全部そのために使うくらいの勢いでいかなあかん。極端やと思うかも知れへんけど、むしろその『極端さ』が必要やねん。

 

何かを始める時、中途半端で終わる人がほとんどでしょう。

趣味でもなんでもそこそこの満足で終わらせてしまう。

 

しかし、人と同じことをしていたら成功することは難しい。

空いてる時間を全部使うくらい夢中になれば、成功する可能性は圧倒的に高まるはず。

 

なにかで成功したいならそれくらいの覚悟がいるってことでしょう。

 

 

読んだ感想

読み物としては普通に面白かった。

 

ただOLが望んでた成功はしなくて、オチが「成功はしなかったけど、人生変わったから別の成功を手に入れた!めでたしめでたし!」みたいな感じでなんか納得いかなかった笑

 

 自己啓発本としてはそこそこ参考になった。

 

けど「え?そうかなぁ」って思う部分もあったし、ネットで探せば見つけられそうな教えがほとんどだった。

 

自己啓発本として読むより、読み物として読んだ方がいいなーって感じですね。