Logreamo

脱力系フリーターの雑記ブログ

人生をうまくいかせる5つの考え方

f:id:chika_0831:20171220075610j:plain  

 

人生を上手くいかせるにはどうしたら良いか。

上手くいってる人に学ぶのも1つの手です。

 

うまくいっている人の考え方

 

現状は自分が作り出した必然的なもの

私たちが今の状況に置かれているのは、ほとんどの場合、偶然ではない。私たちは、自尊心の度合いに応じて、自分にふさわしい人間関係や状況に自分を引き込んでいる。(ただし、それは無意識の行為だから、意識的にほしいと思っているものとはかけ離れているかもしれない) 

上手くいっていない今の現状を作り出しているのは、他でもない自分自身です。 

人は自分がこうなっているのは「あの上司のせいだ」とか「親のせいだ」と人のせいにしがちです。

 

しかしその考えであるがために、今の現状を自分が作り出してしまっているんです。

人のせいにするってことは裏を返せば、自分の人生を人任せにしているということ。

 

良いことが起こるのを待ってたって、大したことは期待できないし人はそんな都合よく動いてくれませんから、自分から行動を起こしたりして変化してくしかないです。

 

最終的な判断は自分しかできない

私たちのまわりには、無料アドバイスをしてくれたり、私たちに代わって決断を下してくれたりする人がいやというほどいる。こういう人たちの特徴は成功とは縁がないということだ。にもかかわらず、この人たちは他人の人生について助言をする資格があると思っているらしい 

 頼んでもないのに助言された経験って誰でもあると思います。

 

かなりうざいですよね。向こうは良かれと思ってアドバイスしてるんでしょうけど、される側からしたら「その通りにやって人生とんでもないことになったらあんた責任取れんのか?」って思います。

 

親だろうが友達だろうが自分の人生に責任を持てる人間は自分だけです。

 

もちろんひとのアドバイスも1つの意見として聞き入れることは大切です。

でも結局のところ、最終的に判断するのは自分自身ですから。

 

他人を幸せにする前にまずは自分を幸せにする

理想主義者たちは「たとえ自分が恵まれていなくても他人が恵まれるよう心がけなさい」と教える。これは崇高な考え方のように聞こえるが、自分を犠牲にするとは、他人が自分より重要だと信じることだから、これはナンセンスである 

 「人のために生きる」というと素晴らしい考えに思えますけど、それで自分を犠牲にしてしまっては元も子もありません。 

 

自分を幸せにした上で他人を幸せにするという順が正しいです。

 

まずはどうしたら自分が幸せになることができるのか考えてみましょう。 

 

後先のことを考えるんじゃなくて今を生きる

幸せになるのを未来まで待つ必要はない。 今、すでに幸せなのだ。(中略)問題なのは、現在の幸せをつかみそこなってまで過去や未来の楽しみにふけることだ

 

「金持ちだったら」とか「才能があれば」とか、もし本当にそうなったら絶対に自分が幸せであると言い切れますか?

 

今現在でさえ幸せを感じることができていないのに、自分が思い描く理想の将来になったとしても、幸せを感じるのは難しいんじゃないですかね。

 

幸せになりたいのであれば、風呂に入っている時とか音楽を聴いている時とか、まずは小さなことで幸福感を感じるように意識してみてはどうでしょうか。

 

 人生をうまくいかせるには行動するしかない

人生を改善したいなら、常に行動を起こし、努力してそれを最後までやり遂げなければならないのだ

なんでも言えることですけど、自分から動かない限り人生をうまくいかせることはできません。

 

ホリエモンもよく「行動しろ」って言ってますよね。

どんなに頭が良かろうが才能があろうが考えてるだけじゃ何も変わりませんからね。

 

まとめ

人生を上手くいかせるには、上手く言っていない今の考えを変えて、行動することが大切。